ドリームネット

Home > 建物> ドリームネット

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ。住宅ローンでは、希望金額を借りるためには、住宅ローン審査に通らなければなりません。ドリームネットは成功率98%の実績。そして完全成功報酬制で相談・出張は何回でも無料です。

多くのサラリーマンは頭金を少ししか持っていなくても多額の住宅ローン頼みの住宅購入を予定します。しかも、23年悩みながら住宅購入が遅れると住宅ローンの返済可能期間が短くなって毎月の返済額アップに跳ね返り、圧迫される家計が気になってくるわけです。また一方で、男女ともに平均寿命が80歳を超えてなお伸びていくと見込まれていて、人生100年時代が来ることも気になるわけです。今後一層、高齢者の急増していく社会全体の高齢化に伴い、公的年金の支給レベルの下げられることがしばしばマスコミ報道で知らされています。従って、現役の時期から定年後の長い人生を考える必要性にも気づいています。このため、住宅購入を決める場合に安心感を持つには定年までに完済できる住宅ローン借入上限額を見通して、その額に見合う住宅を購入するのが良いようです。そう決めれば住宅ローンの返済方法をシミュレーションして家計とのバランスを検討することになります。あくまでも年収に対するローン返済負担割合が高くなるにつれて家計の硬直性が高まることを忘れないことです。ローン返済期間中、家計維持を大前提にして月給だけで返済するか、月給+ボーナスで返済するか、いずれかを選択することになります。この場合、元利均等払いか元金均等払いのいずれかが一般的な返済方法なので、家計支出との見合いで選択することになります。また、人生100年時代を想定して退職金はあくまでも定年後の年金生活に少しずつ使っていくと決めれば分かりやすいはずです。このため、定年後の生活費に余裕がなさそうであれば定年後も引退せずに働き続けることが必要になってきます。販売価格の高い住宅が気に入ると住宅ローンの借入額で無理をするので、ローン返済方法に退職金の一部を組み入れる人もいますが、定年後の長い人生が厳しくなるかもしれません。やむをえず、定年後も働き詰めを考える人がいますが、高齢になるにつれて働く気力が萎えてきたり、病に伏す恐れが増えることを考えるといつまでも働き続けられるとは考えないことです。従って、老後の家計に余裕のない生活設計を取り入れるわけにはいかないでしょう。

注目キーワード

住宅ローン借り換え
金利変動に伴い、返済負担を軽減するために、有利な返済条件に借り換えること。 一般的な目安として、 ■金利差1%以上 ■返済期間10年以上 ■返済残高500万円以上 の場合、条件を見直す価値があるとされている。 ...
住宅ローン担保証券
金融機関が顧客の住宅ローン債権を担保として証券化したRMBS(Residential Mortgage-Backed Securities)のこと。 →RMBS
【関連情報:住宅ローン 審査 通し屋
PAGE TOP ↑