家探し.com

Home > 建物> 家探し.com

富士市・富士宮市の不動産は「株式会社ハウシード」にお任せ下さい


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

富士市・富士宮市で不動産会社をお探しの方は「株式会社ハウシード」へどうぞ。1000件以上の新築・中古住宅・土地・マンション情報を掲載。WEBから簡単に物件検索が行えます。無料会員登録で、更にお得な物件情報や安心サービスを受ける事が可能です。

富士市の住宅価格が高いとは一概には言えませんが、地価が高騰するのは投資マネーが流入している都心にこそ言える内容で、決して高くはない認識です。不動産を買うためには、多くの人は住宅ローンを組みますが、どうしても物件の価格ばかりに目や気を取られがちですが、価格は同じでも、利用する住宅ローンの金利や返済期間によって実際に支払う額は変動してしまいます。とある調査によれば、約20年の間、平均価格は2倍違うのに返済額はほぼ同じという内容が明らかになっています。その20年の間には、不動産の仕様や設備も格段に向上しているので、同じ価値とは言えないはずです。例えば、2000年頃に住宅を買った人は20年前と同じ返済額なのに、構造や設備、仕様においてハイグレード、広い専有面積の新築を手にいれたようなものです。それもこれも金利の違いが影響を与えているようで、価格が上昇しても金利が大幅に低いため、返済額は変わらなくなっています。物件価格そのものが高い物件、もちろん返済額は高くなりますが、価格が安く借入金もわずかで済んでいる物件より、月々の返済額は安くなる、これは低金利の最大の恩恵と言えそうです。だからこそ、不動産は今が安く手に入れることができるタイミングなのではないでしょうか。ですが、富士市の消費者の意見には、賃貸と比較すれば住居費に差が出るのではないのか、という声が持ち上がっています。最近では、転勤などを理由に、一時的に賃貸に出すケースもあるようです。少なくとも現状の金利水準からは、例えば、賃貸より分譲の方が年間の支払い額は少ないようです。富士市でも不動産不況の煽りは少なからず受けているようで、賃貸物件の家賃相場も比較的堅調です。住宅の価格が少し下がるエリアでも、家賃が大きく下がるケースは少ないようです。家賃が比較的高め設定にあるのは、分譲マンションが賃貸用となっている場合で、設備や仕様グレードの高さがあるからです。不動産投資効率の面を重視しているのが大きく、単身者や共働きで子供のいない夫婦世帯向けの間取りになっているのも特徴です。
【関連情報:富士市 不動産
PAGE TOP ↑