CCTカークリーニング竹花

Home > 乗物業界> CCTカークリーニング竹花

事例 | 車内、シートクリーニング専門業者のカークリーニング竹花


車内クリーニングの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

カークリーニング専門業者「カークリーニング竹花」の施工事例ページです。年間4,500台以上の施工実績、13名の経験豊富なスタッフの施工法をご紹介しています。車・トラック・クルーザー等について、随時、最新事例を掲載しています。カークリーニング竹花の確かな技術力をご確認ください。

自動車は利用することで汚れてくるので、やはり定期的に洗車をして綺麗な状態を保つことがポイントですよ。汚れていると見た目が悪くなるというだけでなく、塗装などが劣化する原因にもなります。そんためあまり汚れやほこりをつけた状態にせず、ボディー部分は水洗いでもよいので汚れは落とすようにするのがおすすめですね。また同じように車内も利用する事で汚れてくるので、ボディーと同じように掃除することが望ましですよ。特にシートは頻繁に人が座る場所になるので、自然と汚れてくる箇所となりますね。ただしシート自体は目立つような汚れやシミがないと、なかなか汚れていることが分からない場合が多いですよね。ですがシートは想像以上に汚れていることが多いので、シートクリーニングも定期的に行うのが理想ですね。では実際に自分にシートクリーニングを行う場合ですが、市販されているシート専用のクリーナーを利用するのがおすすめですね。掃除機などはシートについた埃やゴミなどは吸い取ることができますが、汚れまでは綺麗にできないですよね。そのため汚れを落とすための専用洗剤を使うのがポイントですね。では実際にシートクリーニング用の洗剤ですが、2つのタイプに分けられますよ。まず1つ目は洗剤が泡状にでるタイプになります。最初から泡として洗剤が出てくれるので、奥の汚れもかき出すことで綺麗にする事ができます。ただし泡タイプは直接シートに使用するとシミになる可能性があるので、一度乾いたタオルに吹き付けてから利用すると良いですね。2つ目の種類となるのがスプレータイプになりますよ。霧状の洗剤が噴き出るタイプなので、均一に吹きかけることで綺麗に掃除する事ができます。ただしシートに洗剤が残る可能性もあるので、しかりと2度拭きなどして綺麗に洗剤は拭きとるようにすると良いですね。この2つのタイプはそれぞれ特徴が違うので、より自分が使いやすい方を選ぶのがポイントになりますよ。
【関連情報:車 シートクリーニング
PAGE TOP ↑