Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

Home > レクリエーション> Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

球磨川のラフティングノーティーボーイズ(公式HP)で急流のスリルを楽しめます


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ラフティングはもちろん、人気のターザンや飛び込みが出来るアクティブコースがおすすめです! 日本三大急流である球磨川のスリルを楽しめる、ラフティングノーティーボーイズです。ベテランのガイドがお客様の夏の思い出作りを全力でお手伝いいたしますので、興味のある方はぜひご利用ください。

ラフティングは川の急流を利用して楽しむアドベンチャースポーツの1つです。そのアドベンチャースポーツは数人ほどが1つのゴムボートに乗り込んで急流の川を下り、そのスリリングなひとときを楽しみます。ラフティングをする場合には川の急な流れで全身がずぶ濡れになるので、乗り込む前には水に濡れても差し支えないウエットスーツなどに着替える必要があります。また万が一の水難事故に備えて頭にはヘルメットを、全身にはライフジャケットを装着しなければなりません。このラフティングを行うには安全を考えてプロのインストラクターの同行の下で行うのが一般的となっています。そのために全国各地にはプロのインストラクターを雇用しているラフティング事業を行う会社が複数存在しています。その中で盛んな地域の1つが球磨川で、この川は九州の熊本の人吉地域に存在しています。全長115キロほどの球磨川流域でラフティング事業を営む会社は約20社ほどが存在していて、そこに所属しているインストラクターの一部は日本リバーガイド協会による資格を取得しています。球磨川などでラフティングを行う場合には現地の会社のどこかに事前申し込みをしなければなりません。その料金は各社によって少々異なりますが、半日コースで約8000円、1日コースで約12000円程度が相場の目安となっています。なお各社ともにいろんなプランが用意されていますが、そのうちの一部ではラフティングが終わった後にバーベキューや温泉を楽しめたりなどもあります。ここで注意することはいずれのプランを利用するにしても事故に遭遇した場合を想定して保険加入が行われています。そしてその保険加入のために料金の一部に保険金が含まれています。もう1つ注意することは利用できる期間が3月から11月下旬であること、そして相手が自然なので台風など悪天候時には中止される場合があります。また各社のプランは数人以上を想定したアドベンチャースポーツなので1人や2人など少人数の場合には通常料金よりも割高になったり、予約自体を受け付けてもらえないこともあります。
PAGE TOP ↑