東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園

Home > サービス業界> 東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園

東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

英語の保育なら「FUTURE児童園」へ。当児童園は、2歳から6歳の子供に英語による保育を東京都世田谷区、大田区、中央区、北区で展開しています。子どものグロ−バルな未来と将来性をのばすオリジナルカリキュラム教育と保育を提供する児童園・プリスクールです。

保育園で英語を学ぶメリットは、幼少期の早い段階から英語の発音やスペルを学習するために、小学校の早い段階で英会話ができる点が挙げられます。また英語は中学受験や大学入試でも必須になるために、英語が早い段階で得意科目になる事は、志望校合格の上で有利です。もっとも、保育園の段階で英語を学ぶ際に気をつける事は日本語の文法や言葉もしっかりと学習するようにすることです。なぜなら、日本語が曖昧な状態で外国語だけを学習すると、子供が成長したときに日本語のボキャブラリーが少なくなる可能性があるからです。例えば、英語では話せるのに日本語では話す事が出来ないなどの状態になる可能性があります。そこで、幼少期から日本語の絵本などを読み聞かせする事も重要です。また保育園を選ぶ場合は、教えてくれる先生が外国の方だとしっかりとした発音を教えてくれます。幼少期はスポンジのように素直に英語を吸収するために、しっかりとした発音を覚えた方が大人になってからも役に立ちます。また単語や文法をただ単に覚えるだけではなく、その意味をきちんと教えてくれる先生がいる保育園を推奨します。意味をしっかりと理解する方が論理的思考や考える基本が身につくからです。英会話を幼少期から学ぶと、海外留学の可能性が広がるメリットがあります。また大人になってから海外旅行も自由に行きやすくなります。子供は飽きることが早いために、工作や遊びの中で単語や熟語を教えてくれる保育園を推奨します。また保育園から帰るときに、今日1日の出来事を英会話で表現する習慣をつけると習得が速くなります。保育園を選ぶ場合は体験入学をして、自分と相性の良い所を選ぶと良いでしょう。例えば先生が優しい人が多い環境や、施設が綺麗などの条件が揃っている場合は、子供が楽しく学ぶことができます。どのような学習も子供が毎日継続できる環境が大事です。また送迎は基本的に無料ですが、仕事で忙しい場合は有料で時間を延長をしてくれる所もあります。
PAGE TOP ↑