アクイル

Home > ワーク> アクイル

ISO14001内部監査員研修のことなら株式会社アクイル


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格! 1名15,500円!取得コンサルティングも実施中

ISO14001内部監査は、それなりに大変な作業です。環境マネジメントシステムの国際規格となり、確かにこの国際規格を取得することで、企業として信頼性を高めることになるでしょう。ただ、国際規格とは言え、マニュアルをきちんと作成するように意識すれば、難易度はそこまで高いものではないです。用意しなければならない書類、チェックするべきポイントと言うものが色々とあるので、1人の社員に全て任せてしまうのは、かなりナンセンスだといえます。会社によっては任せているところもありますが、残業の連続になってしまうこともあり、自分の作業ができなくなることもあるでしょう。そうなることを未然に防ぐために、ISO14001内部監査を進んで行ってくれる、専門のコンサルティング業者にお願いするのが妥当だといえます。信頼と実績のある交差点業者であれば、様々なツールやコンテンツですぐに見つけることができるので、見逃さないようにしておきたいところです。特に今の時代はインターネットを利用して、コンサルティング業者のホームページにすぐに目を向けることができるので見ておいた方が良いでしょう。ホームページでは、今まで行ってきたISO内部監査の事例、さらに基本的にかかる料金等の確認ができたりします。特にISO内部監査事例は、どこの企業の内部監査に携わったのかなどがわかったりするので、見逃せない部分です。毎月どのくらいの料金がかかるのかを確認しておけば、ランニングコストとして計算できるので、予算も決めやすくなるでしょう。ISO14001内部監査を定期的に行うことで、顧客やクライアントから信頼を持ってもらえるようになるだけではなく、工場などの危険がつきまとう現場でも、安心して会社員が働けるようになります。ISO14001内部監査を行うメリットは、様々なところにあるので、早い段階で取得しておくべきです。コンサルティング業者を選ぶ際は、近年の新しいチェック項目等にも対応してくれる、臨機応変な業者を選ぶようにしましょう。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
【関連情報:ISO14001内部監査
PAGE TOP ↑