ONELIFE

Home > ワーク> ONELIFE

結婚式カメラマン・前撮り・フォトウェディングならONELIFE


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

自分が満足できる結婚式の写真を手に入れたい人は、外部のカメラマンに依頼をする傾向がありますが、料金の他に必ず確認をしなくてはならない部分があるので覚えておきましょう。どんな部分を確認する必要があるのか把握できていないと、請求をされた際に驚いてしまいます。必ず確認をするべき部分は出張費用になります。自分が生活している地域のカメラマンに依頼をする人もいますが、少しでも技術が高い人に写真を撮影してもらいたいと考えている人は遠方から来てもらい写真を撮影してもらう場合があります。この場合は出張費用がかからないのか必ず確認をしましょう。基本的には高い確率で出張費用が請求されてしまうと覚えておく必要があります。出張費用はどこから来るのかにもよって異なる部分ではありますが、数万円になってしまうので後から請求されると驚いてしまいます。外部のカメラマンの中には非常に良心的な人もいます。出張にかかる費用はカメラマンが負担してくれるなどの場合もあるので、その場合は追加で料金がかかることを心配しなくても良いでしょう。どうしても出張費用がかかってしまうことに抵抗を感じる人は、自分が結婚式をする地域にいるカメラマンに依頼をしましょう。移動する際の費用を請求されてしまう傾向はありますが、近くで生活をしているのでそれほど高いお金を請求される事はありません。外部カメラマンに依頼をする際は、十万円程度のお金が発生してしまうのが一般的ですが、出張費用を足すとさらに高い金額になってしまいます。出張費用まで支払って写真撮影をしてもらいたくないと考えている人は、結婚式場のカメラマンに依頼をするようにしましょう。式場の人の場合は当日もそこで働いているので出張費用がかかってしまう状態には絶対になりません。多くの人が見逃してしまう部分になるので覚えておきましょう。

注目キーワード

写真
光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。 日本では1857年に...
写真整理
写真を時系列またはカテゴリー別で整理すること
【関連情報:結婚式 カメラマン
PAGE TOP ↑